矯正歯科と口内炎治療

矯正歯科と口内炎治療について

矯正歯科で口内炎の予防ができる

口内炎は口腔外科や矯正歯科で治療を受ければ迅速に治すことができます。口腔外科では効果的な薬剤を処方してもらったり、レーザーや高周波などの外科的な治療をしてもらえます。傷口を殺菌して清潔にするとともに痛みや炎症を抑えられるので治りが早くなり、辛さを大幅に緩和することができます。また、発生原因も調べられるので病気の早期発見や予防にも役立ちます。さらに、口内炎が心身の不調以外にも歯並びや矯正器具の具合が合わず接触を繰り返すことで出来ていた場合、矯正歯科で歯ならびを矯正したり、器具の調整を行うことで症状を改善・予防することができます。

矯正歯科と口腔外科の関連性

近年、食べ物の影響もあるのか、歯並びが悪くて、噛み合わせが悪かったり、思い切り笑えないなど、歯並びに対してコンプレックスを抱く人が老若男女問わず多くいます。矯正歯科へ通う人も多くなっています。矯正歯科へ通うにあたり、まずは歯並びのチェックを行いますが、大人は親知らずがネックになる人が多いです。親知らずは、矯正にあたり歯を移動させるので、親知らずを抜歯することが多いです。一般の歯医者でも抜くことができますが、生え方により難しかったりするので、専門の口腔外科で抜歯することを推奨していることが多いです。なので、口腔外科もしっかりとチェックすることも必要となります。

↑PAGE TOP

Copyright © 矯正歯科と口内炎治療について All rights reserved