インプラントと矯正

インプラントと矯正について

インプラントは口腔外科でも

インプラントは失った歯を治療するだけでなく、矯正歯科で歯を矯正する方法としても注目されているのです。歯を治療する場合、歯が上手く揃わない、歯をぶつけてしまい折れてしまったり欠けてしまったりした場合は口腔外科というところで治療をすることになります。また八重歯や出っ歯などを治療する矯正歯科がありますが、ここでインプラントによる治療を行うことができるのです。矯正の場合は通常よりも小さい器具を使用して治療を行います。メリットとしては抜歯をしなくても済むということがあり、また細かい調整を行いやすいなどのメリットがあります。

口腔外科との重要な関係

矯正歯科と口腔外科は切っても切れない仲です。矯正治療の中には歯列矯正のみでは治せない症例が出てきます。歯の植わっている顎そのものに何らかの不具合がある場合には口腔外科の医師との連携プレーが必要になってくるんです。患者さんの症例に合わせ、矯正を進めながら、外科的な治療も進めることがあります。いろんな場合を想定しながらひとりひとりの患者さんに合わせた治療法を提案し、治療を始め、進めていき、最終的に患者さんに笑顔で満足していただく、ということが重要なのです。そのためにはまずはカウンセリングからしっかりとしていきます。気になる方は気軽に一度矯正歯科でカウンセリングを受けてみてください。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 矯正歯科と口内炎治療について All rights reserved