味覚障害と矯正歯科

味覚障害と矯正歯科について

専門治療の矯正歯科や口腔外科

矯正歯科とは歯科の診療科の一つで、歯並びを整えて見た目を良くしたり、口腔の機能を向上させることを目的としています。歯並びが悪いと歯みがきで食べかすが残りやすく、虫歯や歯肉炎になりやすいので、審美性以外のメリットもあります。歯科は虫歯治療などを行う一般歯科のイメージが強いですが、矯正歯科をはじめ様々な診療科が存在しています。口腔外科では歯や歯ぐき、口の中で生じる病気全般を外科手術などの方法で治療します。また、味覚障害も口腔内にある舌の問題ですので、歯科で治療を行うことが可能です。歯科だけでなく、耳鼻咽喉科や内科などと協力しながら治療を進めることもあります。

歯列矯正に口腔外科は必要な場合

歯列矯正をする場合にはみなさんがみなさん矯正歯科でのみの治療できれいな歯並びが手に入るとは限りません。歯並びと同じでお口の状態はもちろんですが骨の状態も人それぞれで成長の度合いによっては口腔外科での治療も必要となってくる場合もあります。そんな時には矯正歯科と口腔外科の歯科医師で相談させていただき、治療の流れを決めていくことになります。そしてその流れに沿って治療をすすめ、きれいな口元、歯並びにしていきます。専門分野は違いますが患者さんのために目指すものは同じですので、きれいな笑顔に向かって、進めていきます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 矯正歯科と口内炎治療について All rights reserved