歯列矯正をすすめる理由

歯列矯正はご存知ですか

矯正歯科で早めの相談

矯正歯科は見た目の歯並びを治すだけでなく、噛み合わせに悪さによる骨格の矯正や内科的疾患をも改善します。特に子どもは成長期に歯並びの悪さで発音が悪くなったり、旨く噛めないことで消化不良を起こしたり、磨き残しが出てきて虫歯へのリスクが大きくなるなど、悪影響を及ぼします。小学生高学年ぐらいから矯正はでき、歯にはめるブラケットも透明であったり目立たないものがありますので、早めに専門医に相談することが大切です。

矯正歯科でしっかり噛める歯を

矯正歯科は見かけだけの目的ではなく、しっかりと噛み骨格の発達を矯正する大切さを目的としています。噛むことで消化を助けることはもちろん、噛み合わせの良い骨格を形成します。歯並びが悪いと十分な歯磨きができないために虫歯のリスクも増え、消化不良も招きます。歯並びはすぐに治るものではありませんので、早めに矯正歯科に相談することをお勧めします。歯の裏側や夜寝る際につけるものなど、目立たないものが開発されていますので思春期の方にも安心です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 矯正歯科と口内炎治療について All rights reserved