矯正歯科が便利です

矯正歯科は本当にいいのか

矯正歯科の1期治療と2期治療

矯正歯科の1期治療は3歳から12歳、2期治療は10歳から成人までの間に行います。1期治療では、骨格が原因となる症状のとき行います。上下の顎のバランスを改善するための装置を使用して、上下のあごのバランスを正しい状態にし、顎が小さいケースの場合は綺麗に歯が並ぶようにスペースを確保するための治療をします。2期治療では、歯並びをきれいに整えて、ワイヤーによって治療を行います。1期治療を行えば2期治療が不要になるケースもあります。終了後には布袋装置によって後戻りを防止します。

矯正歯科についての知識

矯正歯科は、言葉のとおり、歯並びをきれいに整える専門の歯科です。歯並びはきれいに越したことはありません。これは、見ためがいいというのみならず、歯並びによって、人間の咀嚼機能や、噛み合わせなどもきれいなほうが、体にも良いのです。また、矯正は始める期間が早ければ早いほど、すなわち、子供のうちからしておくほうが、簡単になります。大人になってから始めても、なかなか矯正しにくいのが現状です。小さいうちなら、簡単で費用も安く済むものからできます。一度、相談するだけでも価値はあるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 矯正歯科と口内炎治療について All rights reserved